Movie

なぜアメリカ人は銃で殺し合うのか、『ボウリング・フォー・コロンバイン』が明らかにする恐怖と差別の歴史。

いまやすっかり有名人のマイケル・ムーアが2002年に撮り、出世作となった『ボウリング・フォー・コロンバイン』。 ミシガン州で生まれ、銃とともに育ち、少年のころにはNRA(全米ライフル協会)から賞をもらったという経歴を持つ
Featured

黒人はなぜ殺され暴動が起きたのか。『ドゥ・ザ・ライト・シング』から考える黒人自身と社会の問題

後をたたない白人警察官による黒人の殺害事件。起きるたびに大きく報道され、抗議活動が行われてきました。その歴史をたどることももちろん有意義ですが、映画はそれをどう扱ってきたのかを振り返ると、暴行事件とアメリカ社会と黒人の関
Short Film

放射能には早寝早起きで勝つ!95歳の医師の説得力ある暴論『311以降を生きる:肥田舜太郎医師講演より』

原発投下直後の広島で軍医として被爆者の治療に当たり、戦後は埼玉に被爆者のための病院を作って治療活動を行ってきた肥田舜太郎医師。その肥田医師が半生を捧げて取り組んできた「内部被曝の恐ろしさの訴え」を描いたドキュメンタリー映