behindthecove_fund

2010年にアカデミー賞を受賞した捕鯨問題を扱った映画『ザ・コーヴ』、捕鯨反対の盛り上がりに貢献する一方で、反対する側の一方的な意見であるとして日本からは批判も出た(参考記事)。

この『ザ・コーヴ』に対して日本側からの意見を発信するために作られたのが『ビハインド・ザ・コーヴ』です。日本では今年1月に公開されたものの、公式ホームページや上映する映画館のホームページがサイバー攻撃にあいダウンするなどの事件も起きた。

この『ビハインド・ザ・コーヴ』を、アメリカの人たちに届けるための資金を集めるクラウドファンディングが現在実施されている。

捕鯨に対する賛成、反対それぞれの意見を持つ権利は誰にもあるが、どのような意見を持つかを判断するためには、様々な情報を手に入れ、その上で判断することが自分にとっても世界にとっても誠実な対応だろうと思う。映画『ザ・コーヴ』を見て真っ先に感じたのは「この映画がプロパガンダである」ということだった。もちろんプロパガンダの中にも真実は有るわけだが、そのまま真に受けてはいけない危険がそこにはある。もちろん『ビハインド・ザ・コーヴ』にもプロパガンダの要素があるわけだが、両方の立場からの主張を見比べて、そこの中にそれぞれの人にとっての真実を見出すこと、それをやらなければいけないとのだと思う。

基本的に、このクラウドファンディングを支援するのは捕鯨に賛成している人たちだとは思うが、10000円のリターンに本編のDVDというリターンがついてきたりもするので、捕鯨はなくなってほしくないけど、映画は観たことないと言うような人はクラウドファンディングに参加してもいいかもしれない。

socine_newsNewscloudfunding,ecosystem,environment
2010年にアカデミー賞を受賞した捕鯨問題を扱った映画『ザ・コーヴ』、捕鯨反対の盛り上がりに貢献する一方で、反対する側の一方的な意見であるとして日本からは批判も出た(参考記事)。 この『ザ・コーヴ』に対して日本側からの意見を発信するために作られたのが『ビハインド・ザ・コーヴ』です。日本では今年1月に公開されたものの、公式ホームページや上映する映画館のホームページがサイバー攻撃にあいダウンするなどの事件も起きた。 この『ビハインド・ザ・コーヴ』を、アメリカの人たちに届けるための資金を集めるクラウドファンディングが現在実施されている。 捕鯨に対する賛成、反対それぞれの意見を持つ権利は誰にもあるが、どのような意見を持つかを判断するためには、様々な情報を手に入れ、その上で判断することが自分にとっても世界にとっても誠実な対応だろうと思う。映画『ザ・コーヴ』を見て真っ先に感じたのは「この映画がプロパガンダである」ということだった。もちろんプロパガンダの中にも真実は有るわけだが、そのまま真に受けてはいけない危険がそこにはある。もちろん『ビハインド・ザ・コーヴ』にもプロパガンダの要素があるわけだが、両方の立場からの主張を見比べて、そこの中にそれぞれの人にとっての真実を見出すこと、それをやらなければいけないとのだと思う。 基本的に、このクラウドファンディングを支援するのは捕鯨に賛成している人たちだとは思うが、10000円のリターンに本編のDVDというリターンがついてきたりもするので、捕鯨はなくなってほしくないけど、映画は観たことないと言うような人はクラウドファンディングに参加してもいいかもしれない。